飲用する上での注意

女性

摂取限度は問題ない

糖尿病などの生活習慣病を予防することができると言われているバナジウム天然水が人気になっていて、天然水を宅配サービスしている業者の中でも人気を集めている商品です。これはバナジウムはインスリンと似た性質があることから、バナジウムが体内に入ると糖分を血液から筋肉や内臓に取り込みやすくし、結果的に血糖値が下がることになります。またバナジウム天然水を飲むと他にも色々な効果があり、デトックス効果や脂肪燃焼促進といった効果もあげられています。バナジウム天然水は信頼できるメーカーから購入や宅配をしてもらう分には安全性はほとんど問題ありません。日本の法律によって天然水でも加熱処理で消毒がされているので通常の飲用期間であれば何の問題もありません。バナジウムのような人体に有用な成分であっても過剰摂取することは勧められません。バナジウムの摂取限度は1日に1.8mgと定められています。しかし、限度量の1.8mgというのは高濃度と呼ばれているパナジウム天然水でも1リットルあたり150マイクログラム程度ですので、12リットルを飲まなければ達することがない量です。貝類やエビや海藻のような海産物にもバナジウムは含まれていますが、それでも通常の飲用する分には限度量に達することはほぼありません。糖尿病の治療や抗がん剤を使っている人、それに妊娠している人がバナジウム天然水を飲む時には必ず主治医に相談するようにしてください。